Ms日記2冊目へ

2004年から綴り初めているMs日記ですが、このブログに掲載できる量がいっぱいになった為、2007年7月から新しいブログに掲載しています。

Ms日記2冊目へ移動
[PR]
# by MsARCH | 2007-07-04 09:12

隠岐の島に行ってきました!

 丸3年建つ住宅のご機嫌うかがいに、久しぶりに隠岐の地面を踏みました。3年の間に隠岐空港は新しい滑走路ができてジェット機が離陸できるようになりました。
 大阪からプロペラ機でたった1時間。隠岐の島町は、人口17,000人のとてものどかな町です。


d0000142_17175383.jpg7年前「隠岐(しま)の木で家をつくる会」の活動で知り合った斎藤さん!とても気骨のある方です。農業・林業で暮らしを立てています。隠岐は十分な自給自足の島なのです。(ただし、電気は火力発電していますが…)


d0000142_17181469.jpg私が設計したのは、農業体験宿泊施設。(といっても普通の「木の住まい」ですが…)


d0000142_17183087.jpg本土(本州)から農業体験に来ます。カルガモ農法です。


d0000142_17185961.jpgd0000142_17191698.jpg

斎藤さんの山の木を地元の大工が手刻みし、ゆっくりと建てました。
関西人はせっかちです。その中でも、もっとせっかちな私ですが、「郷に入っては郷に従う」しかありません。おかげで、とてもリラックスした現場監理でした。
柱・梁・天井板は杉。床は松フローリングです。


d0000142_17194323.jpgd0000142_17282912.jpg

裏山も含めて同一敷地です。この島にも立派な100年生杉があるのです。

[PR]
# by MsARCH | 2007-06-26 17:28

守口市のお寺の庫裡上棟!

3月に着工したお寺の庫裡が、5月下旬に上棟を迎えました。
施工は、羽根建築工房にお願いしています。手加工です。
この庫裡は2棟の建物をつなげたかたちで、棟が2つ。1日目に奥の1棟を上棟し、2日目に手前の棟が上がりました。
今回の構造材は、和歌山の廣本林業の杉。一部高知の森昭木材の芯去材の柱なども使用しています。
心配していた天気も何とか持ちこたえ、堂々とした躯体が姿を現しました。


奥の1棟が完了し、手前の棟の建て方中。(2日目)
d0000142_10495495.jpg



羽根建築工房の皆さんにより、着々と作業がすすみます。
この工務店は、左官・大工共に女性の方もがんばっています。たくましいです。
d0000142_1050113.jpg



女性の大工さんも奮闘中!
羽根建築工房のスタッフは平均年齢28歳です。それに羽根社長が加わると、40歳になってしまいます。

d0000142_10504619.jpg



小梁が納まり、統一性の取れたきれいな架構が組みあがってゆく。
小梁は杉の芯去材で、ピンクの色目が最高によい!

d0000142_1050588.jpg



木材は、乾燥が進むと割れが生じやすくなります。
室内から見える場所に割れが入らないように、床で隠れる部分に背割りをし、背割りが開かないように、かすがいで固定しています。
梁の背割りなどは、数奇屋の心得です。継手の精度も抜群です!

d0000142_10513153.jpg



大黒柱は、やはりクリ。径30cm程のクリを八角柱としています。
こんなに大きく美しいクリは、なかなかありません!

d0000142_10514658.jpg



こちらもクリの柱。杉芯去材の鴨居を力強く受けています。
d0000142_10515771.jpgd0000142_10521574.jpg


垂木を収め、架構が組みあがります。
d0000142_10524375.jpg



上棟後の1階。柱の見せ場にも、高知の森昭木材の杉芯去材を使っています。
d0000142_1053150.jpg



つくり手の羽根建築工房。左が羽根社長。右が棟梁。上棟式は大工の花道です。
d0000142_10531444.jpg



仏式の上棟式。最近は、式の簡略化等でこのような上棟式もあまり見られなくなりました。
檀家の皆さんも集まり、上棟を祝いました。l

d0000142_10532443.jpg

[PR]
# by MsARCH | 2007-06-07 11:47

高知で「森林認証材」の木配りをしてきました!

Msでは構造材だけでなく造作材・建具材・厚板などもよく使っている高知県・嶺北の森昭木材さんが今年3月、環境に優しい森林経営を認証する「SGEC森林認証」を取得しました。厳しい基準をクリアして、地域環境の保全・向上のために適切な管理のもとに出荷された材だということが、客観的に証明されたことになります。
最近は、大手企業を中心に森林認証取得の動きが高まっていますが、今回のように地域の森林所有者と製材、加工業者が一体的なグループとなって取得し、地域材のブランドを高めるような動きは全国的にも珍しく、この嶺北ブランドはとても先進的な試みです。

その認証木材の出荷がこの5月から始まり、なんとその第1号物件が今回の住まいです!
もちろん材の質や色目は申し分なく、快晴の空の下、心地良く木配りできました。


d0000142_10555615.jpg嶺北材ブランドの仕掛け人・森昭木材社長の田岡さん(右)と、プレカットを担当していただく畠山さんです。ラベルの付いた森林認証材第1号に囲まれて、自信に満ちた笑顔です。

d0000142_10593478.jpg風で飛ばないようにボードに貼った図面とにらめっこしながら、材にチョークで直接番付けしていきます。

d0000142_110398.jpg今回も、主要な柱や小梁には芯去材を使います。太陽に照らされて光り輝いています。

d0000142_1102311.jpg材の質がいいと、疲れも忘れます。


d0000142_111224.jpg今回は、含水率だけでなく、ハンマーで叩いてヤング係数も測りました。中にはヤング係数100を超えるものも数本あり、すべて合格でした。

d0000142_1112315.jpgすべて木配りを終えたSGEC認証材です。6月初めの上棟が楽しみです!

[PR]
# by MsARCH | 2007-05-19 11:04

ベーカリー・カフェ・アンリがオープンしました!

 Ms建築設計事務所は、昨年春から有限会社MOKを立ち上げ、こだわりの木製品を販売する会社を興しております。
 そして、またまた新しい出来事が誕生しました。吹田市古江台は、千里ニュータウンの緑の多い閑静な住宅地です。ここで22年間、住まいと住宅設計の両方で暮らしてきましたが、敷地の一角に以前から私の知人が営業してきた「小さな喫茶店」がありました。
 知人が15年以上ここをしきってくださったのですが、また新たに人生をチャレンジしたいとのことで、昨年末おしまれながらも、いったん閉店しました。
 そして、この4月から新たなお店が開店いたしました。ベーカリー・カフェ・アンリです。私の山登りの友人、面高さんが引き継いでくれました。アンリは北摂ではちょっと名の知れたパン屋さん。特に人気のアップルパイは量・お値段・味ともにGOOD!126円のいちおしです。
 外装・内装は、もちろん私、三澤が手がけています。
 以前の喫茶店はカウンター席しかなく、少し窮屈な空間でしたが、今回はラウンジにして広く・明るく・ビビットな色使いの空間です。
 初日オープンの時、50メートルほど行列ができてしまうほどの盛況ぶりでした。(うれしい悲鳴です。)
 「住まうだけのニュータウン」の味気ない町並みに、このお店は美しく、味わい、くつろげる喫茶店として、近隣から愛される空間となっています。

d0000142_9182639.jpgd0000142_1042921.jpgd0000142_10105092.jpg
d0000142_921161.jpgd0000142_10111591.jpg
[PR]
# by MsARCH | 2007-05-08 09:26

棚卸し奮闘中!

 趣味と仕事を兼ねた「林産地を行く」の取材で知り合えた林産地で、「木」を集めるのが、Ms建築設計事務所の所長の「くせ」です。出張にいっては、土産として買ってきた丸太の写真をみせて得意顔をしています。その木材は、もちろん設計をする部位に変わっていくわけですが、杉の家を常に手がける中、大黒柱・敷板に使う広葉樹なども杉と同じくらい大好きです。4Mのクリの大黒柱は、とても迫力があります。
 1年に1回、棚卸しのため「ヤスヒコ」のお宝を見学に行くのがMsの行事となりつつあります。
 今回は岐阜の小林三之助商店の倉庫で1日選別を行いました。(次の日は筋肉痛になりました。)



ニレ・セン・クリの18cm~27cmの大黒柱。
階段踏板はクリの2M材です。50本ほどあります。

d0000142_9293498.jpgd0000142_9295928.jpg

d0000142_9302880.jpgd0000142_1002992.jpg


とても美しいタモのパネルです。テーブルなど家具に使用します。d0000142_9305316.jpgd0000142_9311511.jpg
[PR]
# by MsARCH | 2007-04-26 09:32

診療所付住宅が竣工しました!

昨年、着工上棟までをお伝えしていた診療所付住宅がやっと完成しました。
施工したコアー建築工房も、担当の大工棟梁仮谷氏も、Ms支給品のタモ・チーク・クリ・カラマツ・オーク・オニグルミなどの銘木の加工等に時間を長く費やしました。
「安全な木の住まい」を都市部で創ることは困難ではありますが、時間、知力をかけて創ってゆきます。
この建物は、人通りの多い密集した商店街の中にありますが、一歩中に入ると、診療所の待合室に面して都市のオアシスとしての緑の中庭があり、安らぐ空間を提供します。
この中庭のオープンスペースが、2階住居への採光・通風のためにも有効に機能して、密集地とは思えない豊かな住空間を創り出しています。
3月末には、MOKスクール受講生を対象とした完成見学会を開催し、熱心な多くの方がこの建物を実体験しました。


d0000142_1143286.jpg2階リビング、床はクルミ、天井の野地板は和歌山・廣本林業の杉本実板(厚さ3cm) です。構造材は吉野・阪口製材所の杉です。

d0000142_11432810.jpg中庭から玄関テラスを通して、光が差し込みます。クリの八角柱が中心で支えています。

d0000142_11434758.jpgダイニングテーブルもMsオリジナルです。天板は三澤コレクションのタモで、周囲を動きやすいように楕円状に加工しています。

d0000142_11431824.jpgテーブルには、ちょっとした小物が入れられる引出しも付いています。奥のキッチン廻りは、ニレの巾ハギ板を使用しています。

d0000142_1144058.jpg2階玄関テラスです。床は大理石、天井は漆喰ペンキで明るく仕上げて南側の光を奥まで導きます。正面の壁は三河杉の上小板で、長さ3.6mの上り框はレッドオークの一枚物です。

d0000142_1144932.jpg1階診療所の待合室です。エントランスを入ると、真正面に中庭の緑が見えます。

d0000142_11442817.jpg診療所の受付です。円形の壁にすることで、車椅子の方もスムーズに動きやすい動線となっています。診療所の床仕上げはすべてコルクタイルで、床暖房が設備されています。

d0000142_11441754.jpg待合室から見た中庭です。シダレザクラ、シラカシ、シマトネリコ、シャラ、エゴ、ヤマモミジなど、四季を通して楽しめる樹種が植えられています。

d0000142_11444044.jpg建物際は鉄平石で仕上げています。低木も、ドウダンツツジ、ユキヤナギ、コデマリ、アジサイ、ゴシキナンテン、ヤブコウジなど多種多様で、診察を待つ時間も癒しの時間になります。

[PR]
# by MsARCH | 2007-04-13 11:47

再び、準耐火構造45分 Jパネルの可能性へチャレンジ

東京、日本住宅・木材技術センターにて「壁」の実験を行いました。
耐火炉にJパネル複合面材の壁を張りつけ、巨大なガスバーナーで45分燃やし続ける。
「準耐火構造」とは①非損傷性、②遮熱性、③遮炎性の性能を有する構造体で、3項目すべてに対して45分間、防火性能持ち続けることが条件である。(ちなみに防火構造は30分)
結構ハードルが高いが、Jパネルの厚さが36mmもあるので、以前から、安井昇さんに「行けるだろう」とお墨付きを頂いていたものだった。
そして3月28日、無事、過酷な実験をクリアーして関係者一同、安堵しました。


d0000142_1449273.jpg 耐火炉に3.5m×3mのJパネル壁を設置します。

d0000142_14491569.jpg耐火炉の隙間から空気が漏れないように、気密性のある型での実験です。


d0000142_14493757.jpgパネルには温度センサーを仕込み、上部から2tの荷重をかけて柱の歪みもチェックする変位計も設置。

d0000142_1450292.jpg実験開始、Jパネルが燃えています。1分間に約0.8mm~1mm燃え尽きていきます。

d0000142_14502657.jpg45分持ちこたえたJパネル+石こうボードです。

d0000142_14503979.jpg柱の歪みも15mm程度となり安堵しました。

d0000142_14505043.jpg45分燃え続けても柱の断面は半分以上残っています。

[PR]
# by MsARCH | 2007-03-29 14:52

津守の家が上棟しました!

一ヶ月前に着工した大阪市西成区の住宅が上棟しました。
ご夫婦と小さなお子さん3人の5人家族のお住まいです。
2階建て吹抜小屋部分をふくんだ住まいは日当たり・通気性の良い住まいとなります。
お隣と近接している住宅地ですが、長いアプローチや中庭・2階のデッキを取ることにより、様々な空間が生まれるように計画されています。
工務店はコアー建築工房です。Msの住宅を何件も手掛けてもらっているので、今回の棟上も手慣れた様子でスムーズに進めていただきました。


①高知県産杉の第2棟目です。樹齢90年生以上の杉で、目づまりした強度のある構造材です。
今回も松坂のプレカット工場で構造材を並べて1本1本木配りをして、加工した上で現場に搬入しています。
d0000142_1593286.jpg

②2階床・小屋組みの剛性を高くするためのJパネルとDボルトもMsの定番です。建て方と同時に、床と壁が組まれています。
天候にも恵まれ順調な建て方となりました。お日様に照らされた構造材が光っています。
 近接した隣地に配慮しながらの計画と工事が必要になります。

d0000142_15111052.jpg

d0000142_1150723.jpg

<③槌打ちをして棟を納め、無事に上棟を迎えました。
d0000142_11522971.jpg

④住まい手から棟梁に御幣を渡しお祝いをします。棟梁、これからもよろしくお願いします!
d0000142_1156174.jpg

[PR]
# by MsARCH | 2007-03-23 11:58

守口市のお寺の庫裡(住居)着工!!

守口市のお寺の庫裡の仕事がはじまりました。
Msでも初めてのお寺の庫裡(住居)という一般の住宅とは違う性格の建物です。
長寿命、頑丈は常にMsの姿勢ですが、お寺と名が付くとよけいに頑張りがいがあります。
木材は和歌山県田辺の廣本林業、柱は今回芯去材を利用するので、高知県の森昭木材の柱。床下はベニヤではなく高知ヤナセ杉の荒板とMsの木材のネットワークが成せる技です。10月には竣工いたします。上棟が5月中旬。またその都度報告します。


①目の詰まった垂木、背割りを入れて割れを防ぎます
d0000142_18301227.jpg


②芯去り材の小梁です。見るからに綺麗な良材です
d0000142_18303376.jpg


③今まで出一番の良材。色目共にすばらしいです
d0000142_18305545.jpg


④大工の棟梁と一緒に一本一本使う場所を考えて適材適所に木配りしていきます
d0000142_18311287.jpg


⑤通常の神式の地鎮祭とは違い、庫裡ということで仏式になり地鎮式になります
d0000142_18314452.jpg


⑥一同神妙な面持ちで工事の無事を祈ります
d0000142_1832184.jpg

[PR]
# by MsARCH | 2007-03-07 18:27

寝屋川の家 完成しました!!

寝屋川で去年10月に上棟した木造3階建てが竣工しました
高知県の80年生の杉を使用した『頑丈で長持ちする家』をテーマに将来の2世帯同居にも可能性をもたせた住まいです。敷地25坪の中でパーキング、2階空中デッキなどの生活の豊かさを満足させ、明るく風通しの良い、自然素材のグレードの良さ含めた小住宅です。
南側は畑であり、将来含めて空き地として利用されているため明るく、都市の中のオアシスです。延床面積35坪の住まい工事費2700万円(消費税抜き)かけて建設しました。


①2階LDK。南側に景色を遮る建物もなく光が降り注ぎ、やさしい風が通り抜けます。キッチン、テーブルも全て大工工事です。
d0000142_16165886.jpg


②節も無く色目もよいヒメコマツのテーブル(奥のテレビ台もヒメコマツ)Msお得意のベンチソファーはお昼寝に最適。
d0000142_16182957.jpg


③西側(接道側)白い外壁に高級材チークが格子として利用されています。
d0000142_16273252.jpg


④3階個室。ここから見る景色は最高。サンルームとしても最適です。床はカラマツフローリング、壁、天井は全てJパネル。
d0000142_16275194.jpg


⑤ヒメコマツのテーブルとMsオリジナルキッチン、食器入れも大工工事の収納スペース。
d0000142_162842.jpg


⑥2世帯親夫婦のキッチン。大梁はなんと30cmもあります。床は厚さ3cmものヒノキフローリングです。
d0000142_16281926.jpg

[PR]
# by MsARCH | 2007-02-22 16:09

宮崎県 日向の家が完成しました!

新知事誕生・鳥インフルエンザ発生等で、最近は連日のようにニュースに取り上げられている宮崎県、そして、日向市ですが、ここで、もう一つのニュースをお伝えいたします。
去年の9月に着工した日向の家が、このたび竣工を迎えました。
30坪程の平屋建ての住まいは、土間・居間・和室とつながりのある空間で、さらに、南西を流れる川に向かって、大開口で外へとつながり、ダイナミックな空間を楽しめます。
これまで都会で仕事をされてきた住まい手の、第2の人生の家。家庭菜園のある庭とも連続的につながり、のんびりとした暮らしが楽しめそうです。


①国道や川を臨む高台に立つ日向の家。遠くには日向灘も見えます。手前の余った端材は、ゴミではなく、薪ストーブの燃料としてこれから使用するものです。
d0000142_1011994.jpg


②玄関土間には、穴の開いた那智石が敷き詰められています。日向の特産品の一つは、碁石。黒い碁石をくり抜いた余った材料を再利用したものです。ちなみに白い碁石は、ハマグリからできているそうです。
d0000142_10112519.jpg


③南西側は、木製建具の大開口で、眼下には、石並川と川の対岸の緑を一望することができます。土間に置かれた、薪ストーブをみんなで囲み、景色を見ながら、団欒を楽しんでいる絵が浮かびます。
d0000142_10114889.jpg


④個室や水廻り以外は、ワンルーム的な空間で、広々とした空間となっています。日向の心地よい光が室内までふんだんに入り込み、落ち着いた空間に仕上がりました。
d0000142_1012085.jpg

d0000142_10121173.jpg


⑤深い軒で、風雨から建物を守ります。軒のでは1.5M。
d0000142_10122338.jpg


⑥住まい手こだわりの高野槙の浴槽。ここから見る景色最高です!
d0000142_10123349.jpg


の日向の住まい、地元工務店の三郎建設が忠実にMsの仕事こなしてくれました。
[PR]
# by msarch | 2007-01-29 10:12

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
1月17日この日はMsにとっては決して忘れてはいけない自戒の日です。
この12年前から木造住宅の進化が始まりました。
Jパネル、Dボルトなど「丈夫で長持ちする」木の住まいをMsは毎日思考してきました。

戦後「木造は燃えるゆえ、市街地では出来るだけ建てないように」と旧建設省の指導もあり、木造は肩身の狭い思いをし、我慢を重ねていました。
あまりこの法律は住まい手の知らない所ですが、2階建ての住宅でも台所に生火を使うガスコンロなど設置した場合、天井は木部表しでは法律上通りません。駅に近い市街地などで木造3階建てを造ろうとしても今の法律では内部の木部表しは不可です。
「木は燃えるから」「木は燃える」は確かに燃えますが、肉厚のある木で天井を作れば燃える速度は遅くなります。(木は1分間に1㎜程度燃える性質があります)
長くなりましたが、このことをふまえ去年12月末にMsは防火の実験を行っています。今回は厚いJパネルでどこまで今の法律を突破できるかが勝負です。
36㎜あれば30分以上火が回っても床が抜けないことを証明するための実験です。
国土交通省の補助(住宅・建築関連先導技術開発助成事業)をMsが受け、今まさにこの実験を今年も重ねて燃えにくい木造を証明出来ればと今年も頑張ってゆきます。


①燃焼炉の上にJパネル等の床材を設置してゆきます
d0000142_1384338.jpg


②この段階で30分経過。かなり凄い煙です!!
d0000142_139145.jpg


d0000142_17142415.jpg

③45分燃焼実験終了。Jパネルは燃え尽きても表面の杉床板(ア)15は損傷なし!!
d0000142_1393025.jpg

[PR]
# by MsARCH | 2007-01-17 13:09

今年も充実した1年でした。

今年も充実した1年でした。
宮崎から新潟まで住まいを創りました。
ある時は、朝一番のジェットで新潟までゆき、打合せをすませ、
新幹線で東京まで戻り、羽田から宮崎まで1日で移動したこともありました。

Msの別組織「有限会社MOK」も、
針葉樹、広葉樹の買い付けに岩手まで出かけたりで大忙しです。

9月に竣工した大山のパン屋さん付き住居が、
鳥取県が実施した本年度「木の住まいづくりコンクール」で
最優秀賞をいただきました。
12月25日に発表があり、うれしいクリスマスプレゼントでした。

Msは30日から1月7日まで正月休みです。

では、よいお年を!!
[PR]
# by MsARCH | 2006-12-29 17:24

2006年12月 芦屋市M邸 完成しました!

芦屋市で9月に上棟したM邸が完成しました。
家族の夢と遊びごころが凝縮された3階建ての住宅で、仕上げに使う木材や塗装などはMsが吟味し、ご夫妻と打合せを繰り返しながら決めていきました。最後まで根気よく打合せしていただいたMさんご夫妻、ありがとうございました。監督さん・職人さん総出でがんばっていただいた中島工務店さん、本当にお疲れ様でした。

①2階リビングから畳コーナーを見渡しています。リビングの床はクルミの本実板で、住まい手と一緒に塗装しました。味わい深い色味になっています。薄ダタミを敷いた畳コーナーは一段高くして、下に奥行きの深い引出しを付けました。
d0000142_13525314.jpg


②キッチンはタモの板に荏ゴマの油を塗り、こちらも良い色艶になりました。オフホワイトのモザイクタイルとよく合いモダンな印象です。奥さんこだわりの吊戸棚の上は小物を飾るためあえてオープンにしています。Msオリジナルのキッチンです。無印良品に対して、私達は「エムジルシキッチン」です。
d0000142_13544671.jpg


③冷蔵庫裏のパイプスペースには安定した給水・給湯量が得られるヘッダー方式の設備配管があり点検もできます。
d0000142_13552914.jpg


④洗面にもモザイクタイルを張り、ベージュの大理石の床、CERAの洗面ボール、タンクレストイレ、鏡張りの吊戸棚とこちらもモダンなデザインです。奥には天窓から光が溢れる浴室が続きます。ハーフユニットの防水性と、腰から上のデザインの自由度が生かされています。
d0000142_13562114.jpg


⑤浴室には船舶用の丸窓もついています。内部はモザイクタイル張り・外部は板金張りで、両方とも水仕舞いが重要なため気を使った納まりの一つです。
d0000142_13572659.jpg


⑥階段板は唐松の無地、側板は杉パネル60㎜の赤身上小節の、特別注文のきれいなパネルです。塗り壁を白熱灯の灯りがやわらかく映し出す印象的な階段になりました。階段周りの壁には所々ニッチを設け展示空間としても使えます。
d0000142_13582819.jpg


⑦3階の子供室は急勾配の屋根に電動のトップライトやジャロジ-の地窓が付いた変形の面白い空間です。現場でイメージが膨らんだご夫妻の希望でハシゴ付のロフトも追加しました。将来お子さんの遊び場になるのが楽しみです。天井は天竜産の杉板、床はロシア唐松の無地上小節を使い、クルミの床板を使った2階とはまた印象が異なります。
d0000142_1401086.jpg


⑧こちらはご主人こだわりの1階の図書室です。大理石のモノトーンの床、黒く塗った本棚、正面に見えるベニ松の机など、他の部屋とは全く異質な、篭れる落ち着いた「闇」の空間ができました。他にも銅板張りのにじり口、ウィリアム・モリスデザインの生地を使ったベンチクッションなど、わずか幅1.7mの空間に遊びが散りばめられています。
d0000142_14192.jpg


⑨エントランス正面の上には、黒く塗った格子のスクリーンが高く取り付いています。これは2階リビングへの目隠し・防犯・安全対策の役目を果たすとともに、M邸の外観の顔となります。
d0000142_1423268.jpg

[PR]
# by MsARCH | 2006-12-22 11:41